日本の誇る伝統食品 味噌

misoya.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 24日

鉄道写真家の 執念とその後の余韻

 先日も書いたが、ここ蔵元玉井の周辺は休日前後は 鉄道写真家で賑やかだ。

 どうしてそんなにこの地域がこよなく愛されるのだろうか?
確かに私も鉄道模型をやっていたのでカ-ブから直線に戻ってくる
車体と風景のマッチング また、風景と車両全体のマッチング
等々 さらには 昨日も知り合いが上京するのに 5分近くかかって
書いて貰う手書き切符の魅力か・・・

いずれにしても 何か(もちろん悪いことでは無く)でこの地が有名になるのは
有り難い。

参考までにこの地で撮られた写真のHPをご紹介 どこで撮影されたかまで
記されているのは圧巻

篠ノ井鉄道(塩尻-長野)沿線 
[PR]

# by tamai12H | 2012-07-24 15:55 | 蔵元 玉井 の近くの話題
2012年 07月 24日

ぐるなび店オ-プン

 自社ペ-ジでの売上には、限りがある。絶えず新製品が続々
出るご時世でも無い。そうすると、他のお店から買われている
お客さんに声をかけなければならない。しかも 弊社のような
こだわりを持った味噌には、こだわりを持ったお客様が合うのでは

と勝手な構想を描きながら 

 ただ今オ-プニングセ-ル中でもありますので是非お立ち寄りください。

 ぐるなび店   味噌蔵玉井
[PR]

# by tamai12H | 2012-07-24 15:24 | 弊社の味噌
2012年 07月 20日

夏場は色つきが・・・

 皆さんは、味噌をどう言う基準で買われるでしょうか?
原料(特に今の時期) 容器 能書き しかし大半の方は
色で選ばれることが多いのではないでしょうか?

 作り手にとってはこの色がこの時期一番難しい。
常温で甥と置けばたちまち、色が付いてしまうし
限りある冷蔵庫では 全ての味噌を並べておけないし。

 毎年、4月から頭を痛めるこの問題。種麹を変えてみる
酵母量を減らすなど試験はしているが、無添加となると
それらを変えることにより市場に出てから「膨れ」が出ると
怖いので種類的に限って使うことが多い。

淡色系は、さらに過熟臭がしただけで 「どうも」いわれてしまうので
さらに緊張が高まる。
[PR]

# by tamai12H | 2012-07-20 06:16 | 味噌の買い方
2012年 07月 18日

淡色高級味噌は なかなか難儀です

 高級淡色味噌の テスト仕込みを重ねているが、色の問題
高級感をどこで見せるか等々 課題が多く とにもかくにも
品評会で賞を取れる程度の色の照り 冴え 旨みは兼ね備えないといけないと
本日テスト仕込みと 品評会用仕込を行った。
 これからの温度のおこもり次第で秋口に泣くか笑うか決まる・・・f0095239_17192557.jpg
[PR]

# by tamai12H | 2012-07-18 17:19 | 弊社の味噌
2012年 07月 17日

昨日に続いての村の紹介

 蔵元玉井の故郷が今、非常にある方面で注目されている。
というのも 我々田舎に住む者にとっては 何が珍しくてと思うかも
しれないが、山林を買う人たちが増えている。

 一体何にするのかとみていると、大概はログハウスを建て
近くに一寸した畑を作り 悠々自適にカントリ-生活を送っている。

コンクリ-トの建物 アスファルトに飽きた人々が自然の潤いを求め
こうした田舎に移り住むのだろう。 10年前など殆ど見向きもされなかった
空き家が、村の観光課で積極的に損害にPRをし出したのは記憶に新しい。

 この地は篠ノ井線という鉄道も通り 中央道もインタ-まで5分と交通状況も良い。
篠ノ井線には 見所のスポットがある為か休日は鉄道ファンも多い。
長野方面に向かえば隣駅は今でこそ 稀少価値の スイッチバックが体験できる
姨捨駅もある。
[PR]

# by tamai12H | 2012-07-17 17:52 | 蔵元 玉井 の近くの話題
2012年 07月 16日

手書き切符(補助券)ってご存じ

 蔵元(味噌蔵)玉井に一番近い駅と言えば冠着(かんちゃくでは無くかむりきと読みます)駅

 ここは近年鉄道ファンのメッカとなっている。というのも、ここでは自動切符売り機も存在しないので、
駅員さんが全て調べ(特に指定券等は)手書きする全国でも珍しい手書き切符である。 都会に行くと改札の片側に裏地の白い切符はこちらへ等の表示がある。

 それがマニアにとっては、手書きともなると相当なプレミアムが付くそうである。全国ニュ-スで取り上げられた際は、熱烈なファンが土日に集中したという。

 ただ、駅員さんにとっては うれしい悲鳴で 字がまともに書けなくなるほどの入り込みだったとか。
しかしながら書いている時間に、お客さんと交わす会話がかけがえのない財産とか。

 駅員 西澤高貴氏
[PR]

# by tamai12H | 2012-07-16 11:29 | 蔵元 玉井 の近くの話題
2012年 07月 14日

私って事故との遭遇多すぎ?

 味噌とはかけ離れますが、皆さんはこれほどまでに交通事故に関与し居る人間を
ご存じですか?
 一番始めに乗ったサニ-バン 荷物を沢山積んだことも有り 買って一ヶ月でパンク
これはさほど珍しくはありません。
 当時トラックで (今のように集荷がない頃)よく運送会社まで運びました。
当時は降雪が多く峠越しの地域の弊社などは、行きは重い荷物を積んでいるので
上り坂も平気なのですが、帰りは荷物が少なくスリップしやすいので大概 大豆
3袋余分に付けていくのは当たり前でした。帰りのために。

雪道離れた頃が一番危ないと言われますが、まさにその言葉通り 少し遅くなった帰りの下り道
気持ちスピ-ドでていたかなと思った矢先トップライトで上ってくる車のまぶしさも若干有り
やや急ブレ-キになりました。 案の定おしりが流れその車を直撃

 車の修理は保険で しかし事故の被害者は過去3度頭を手術しているという
要注意人物 学生で 車の無い間のレンタカ-代や 頭の異常を調べる医者通い等で
かなり保健代の請求が来たのを覚えています。

 次は追い越しにまつわる自滅
長い直線距離 速度の遅い車が前に2台 一台ずつ追い越しかけるべき処ですが、結構
間を詰めて運転されていたので2台一気に抜こうとした矢先 前の車の横を抜けようとした瞬間
前の車がウィンカ-も出さずに私の方に出で来るではありませんか?
急でしたので、どうしようも無く自分の車をガ-ドレ-ルにやや接触させつつ回避
そうしましたら、その車は事も無かったようにさらに前の車を抜かし どんどん行ってしまうでは
ありませんか・・・ 
追いかけること 25分 ようやく信号機で捕まえ 破損した部分の支払いを御願いしました。

さらに雪道ではいろいろな悲劇が  続く・・・
[PR]

# by tamai12H | 2012-07-14 15:52 | 不慮の交通事故
2012年 07月 08日

東日本大震災の前と後

 少し前に専門家による東電の原子力発電に対する報告書がまとめられた。
やはり、想定外の津波はあったものの、そういったときのための提案なり改善策が
過去何回も提出されていたが、東電はもとより保安庁も目をつぶっていた部分が
今回の事故で大きく被災地を始め、日本の経済に影響を与えた。

 政府の事故発生当時の対応についても厳しく言及されていた。
現場の状況を把握してという前菅総理の対応に始まり、枝野官房長官の避難
指示も曖昧な言動が目立った。

 しかし、後になれば冷静に考えられることも、今まで経験似ないことが起きると
普段考えられない行動に出ることは仕方ないかもしれないが、今後は過去の
教訓を生かし大飯原発を始め 稼働が再開される原発の場合は、福島原発以上の
地震や津波がたとえ有っても、被害破砕小に食い止めるべく体制を確立しておいていただきたい。

 しかしながら、日本という風土も 気候以上(先日の台風上陸) 7月上旬というのに
暑さが今一等 何かが少しずつ変化している。そのためか、弊社のように食品製造
と言う業種は原料の高騰とス-パ-の信じられない低価格宣言に日夜頭を悩ませている。
デフレ 就職難 自殺者の増加 技術の海外流失 こんなことをやっていたら
日本がなくなってしまうのではと不安になる。

 高い酒は輸出し安い酒を飲んだり 発泡酒を飲んだり 何か大分前のバブルの時代は
絶対もう来ないなぁと 意気消沈する方も多いのでは。今が現実で さらに悪化するか
否かなので。

やはり 前向きに適正価格で売れる商品を 毎年出し続けていくことが 地道だが
生き残りにつながるのだろうか?
 
[PR]

# by tamai12H | 2012-07-08 09:04 | 世の中の今
2012年 03月 12日

あれから1年 東日本大震災

 昨日で あの大震災から一年が過ぎようとしている。被災された方やボランティアで
一日も早い復興を目指している方は、本当に大変なことだと思う。
日常の生活でさえ一寸したハプニングで、精神的にめいることさえある私のような者が
あのような渦中にいたとしたら・・と考えてみる。確かに場所によっては、これは夢なの?
というような津波の前と後 地震の前と後 原発における事故の前と後 本当に未来
いや、明日のことを考えるだけで精一杯 しかし 昨日のテレビ報道など見ていると
被災者から逆に元気を貰ったなどと言う人もいる。反面、地震で家を失ったりしたことによる
不眠症の方もかなりの数だという。また、職場も働き盛りの人の中で5人に一人くらいしか
定職に就けていないとも聞く。一年経って我々が新たに出来ることは・・・
やはり、そういう方達を励ますことの出来るイベント 企業誘致 是非この辺りを
政府が率先して地元の自治体と話し合い、(確かにそんなことより除染だ がれきの処理だ)
息長くやっていって貰いたいものだ。 人間先ず笑いを取り戻し 腹を満たし 心の余裕が
出てきたら 必ずやる気も起きてくる。 仮設住宅に閉じこもりがちな方だって 楽しいことが
野外で行われていれば 出てきたくなるし そう兎に角イベントや祭りを被災地の 仮設住宅
等でどんどん計画していったらいい それと食の安全の意味で 食品業者として言わせて貰えば
震災後の原料で作った製品なら入らないと言われる その神経が分からない 国が定めた基準値など
関係ないと言われるが、そんなことを日本中の人が言い出したらそれこそ大パニックだと思う。
やはり、国だっていろいろな根拠から農作物の安全性を決めているのだから・・・・

あの時の日本の復興はすごかったと後生に語り継がれるべく頑張ろうではありませんか。
[PR]

# by tamai12H | 2012-03-12 06:54
2011年 11月 14日

放射能と味噌

 一月ほど前、秋月辰一郞が長野に見え、先生の生い立ち
医学を志した所以 体質を変えない限り医学の本当の姿は
出てこないと唱える。
 そしてご自分の病気から体質即食物という理論付けをした。
自らの体を使って。自身の食生活から変えていった。
そして、味噌汁の効能に自ら気づき、滋養のあると言われる
鶏卵 牛乳 牛肉よりも摂取された。

そして迎えた20年8月9日 長崎原爆
自身の病院は廃墟となる中、仲間と患者を治療し続けた。
その時に患者の救助 付近の人々の治療に当たった
従業員に原爆症がないのは「わかめの味噌汁」であったと確信
されている。先生もかなうなら人体実験でも、わかめの味噌汁が
人体に及ぼす放射能の害をどうして防ぐのかと言う。

統計的にも病気がちな人に「味噌汁は毎日飲みますか?」と
聞くと「さぁ」と答えたまたま病気をしてもすぐ直る人は理屈抜きで
毎日味噌汁を食べている。厳密には味噌汁を食べるから健康で
健康だから味噌汁を食べるのか?は全員そうかと言われると
因果関係はあることに間違いない。

薬には長く飲み続けても買いの出ない上薬から副作用を起こす
下薬まであるが、味噌はさしずめ上薬である。

味噌汁を毎日食べていると、薬も医学も、栄養品も入らないというのではないが
そういう薬なり栄養品の効果がある身体になる。
味噌は調味料より「調和料」と言った方がいい。
[PR]

# by tamai12H | 2011-11-14 12:25 | 味噌の効能