日本の誇る伝統食品 味噌

misoya.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:店主の料理( 5 )


2014年 03月 17日

ようやくコツが・・・

ケ-キ等、洋菓子造りを始めて1年が経とうとする。
秋からは忙しくて、殆ど出来ず最近ようやく復活したところだ。
その間、情報集めだけはいろいろとやってみた。
どの方にお聞きしても、薄力粉と玉子の混ぜ方 メレンゲ
をボ-ルを逆さにしても落ちないくらい強く作るの2点に集中される。
その辺は何度も抑えているのだが、旨くいかない

オ-ブンにより焼き加減が違うので注意
と言う一言の文章が前進する源となった。
今まで決められた温度 時間を死守してみたが、
少し温度を下げ時間を倍くらい取ってみた。
ダメ元で。

するとどうだろう。シフォンケ-キを焼いたのだが、
料理写真でよく見る上るんのワレが出来ているではないか・・
ヤッタ- もう少し膨らみがあれば完璧 とうとう山頂が
視野に入ってきた思いだ。f0095239_6422156.jpg
[PR]

by tamai12H | 2014-03-17 06:43 | 店主の料理
2013年 04月 05日

スポンジケ-キのスポンジはどうすれば・・・

シフォンケ-キほどふわふわで
f0095239_1351689.jpg
なくても良いが せめてお店くらいの柔らかさが
欲しいが どうしても膨らみ方がそこまで行かない。
  この手の物は3回から4回作ってみたが よく売られているケ-キ型
の縁まで一杯に膨らんだことがない。
  料理も奥が深いが 洋菓子もさらに深い気がする。一つは卵と砂糖を
混ぜる温度と混ぜ具合 余熱の冷めぬ内の薄力粉入
 同じ食品を作る我が社でも麹造りから 最後の品温設定まで
やはり細かな配慮が必要なのはケ-キも味噌も似たところがある。
[PR]

by tamai12H | 2013-04-05 13:51 | 店主の料理
2012年 12月 26日

鯛焼き君はなかなか楽ちん

  熱板 二つの簡単なホットプレ-トで 鯛焼きがさながら 買ったとまでは言えないまでも
かなりの 見栄えで出る。使う材料は 薄力粉 玉子 牛乳 粒あん程度
2個を一回に焼くことが出来るがほぼ 5分と掛からない速度で焼ける。

 これは子供の簡単なおやつにはもってこいである。

この他に ド-ナツ(これはベビ-ド-ナツ ワッフル ホットサンドなど
いろいろな板を替えるだけで好みのものがしかも安全な電気で焼くことが出来
重宝している。
[PR]

by tamai12H | 2012-12-26 11:26 | 店主の料理
2012年 09月 04日

菓子作りも味噌造りも 仕込が大事

  このところ、味噌こしの合間を利用し 菓子作りに挑戦してみた。
クリ-ムケ-キちシュ-クリ-ムだある。共にコツは卵と薄力粉の
素早く且つ根気よく混ぜ合わせ空気をいかに抱き込ませるかということだ。

味噌の場合は空気をなるべく抜き酸化を抑えるのでこの辺は
大きく違う。 ただ、こんな感じとか タイミングというのは
味噌の醸造 発酵管理でも相通じる。

味噌はもちろんのこと 食べて頂く方に美味しいといって頂けるのが味噌も菓子作りも
職人冥利に尽きる。
[PR]

by tamai12H | 2012-09-04 13:14 | 店主の料理
2012年 07月 31日

生地作りは味噌の発酵過程を凝縮して見られる

  この頃パン作りやピザに挑戦している。

[PR]

by tamai12H | 2012-07-31 05:39 | 店主の料理